箱の中の子猫【跡地】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ無期限休止にあたって。



このままブログを消すのは我ながらあまりにも無責任なので、簡単に経緯を説明しておきたいと思います。
尚、賢明な読者諸君ならばお分かりでしょうが、色んな意味で大した内容ではありませんのでご了承下さい。


自分の好きな名言に「This is a free country. Folks have a right to send me letters and I have a right not to read them.」というものがあります。
「ここは自由の国であり、貴方達には私を批判する権利があるが、私にはそれを聞かない権利がある」というような意味です。
端的に『自由』というものを表した言葉だと思います。

こちらには散々好き勝手言われてきたので好き勝手言う権利があるはずですが、貴方達にはそれを聞かない、聞いても戯れ言と一蹴する権利があります。
それをご了承下さい。




【ブログを削除することにした理由】

キッカケとしては、かつて自分の作品を散々に叩いて「二度と読まない」と宣った誰とは言いませんがカ●●イが、言葉とは裏腹にちょいちょいこのブログに来ていたことが大きいです。
FC2のブログをやってる人なら分かるでしょうけど訪問者リストに残るんですよね。

なんでしょうね、あの人。
ツンデレなんですかね?

まあそんなわけで、ストレス溜まるわけです。
不愉快極まりない。
で、「もう面倒だしやめるかー」と。

ご存知でしょうけどいい加減なんですよ。
そんなんでいいのか、あんまりにも無責任だろって意見もあると思いますし、至極真っ当だと思いますが、自分は今まで散々「自己満足」だのなんだのと叩かれたわけですし、自己満足ならば自分の都合で勝手にやめますよ。
何度か言ったでしょ?
それに、いきなり蒸発するよりは個人的に遥かにまともだと思います。



【続きを書かない理由】

ブログをやめる理由は分かったけれど、なんで続き書かないの?という疑問を抱いた方がいらっしゃれば最高に嬉しいです。
自分は大体自分の為にしか話を書いていませんでしたが、それでも支援してくれた方や感想をくれた方に対しては大いに感謝しています。
それだけは紛れもない真実です。
同時に「続き読みたいって言ってくれるなら叩かれてる時に擁護して欲しかった」という思いも大いにありますが、こちらはまあ、負け惜しみみたいなものなので……。

で、理由ですが、ブーン系が嫌になったからです。
続きが思い浮かばないとか、況してや自作品が嫌いになったからではありません。
好き勝手書いているので満足度は別にして自分は自分の作品大好きです。

他に理由として「これ以上学べることがなさそう」「時間的に厳しい」「別の作品書きたい」というものもありますが、まあ……。



【嫌になった理由】

これは沢山あります。
以下にいくつか挙げますが、言うまでもないことですが偏見が含まれることをご了承下さい。


・規模が縮小した、衰退中である

要するに読者が減りました。
作者も多分減りました。
物書きってのは少なからず自己顕示欲を持ち合わせているものだと思うので、人が減ってるところよりも増えてるところで書きたいものです。
そういうものなんです。

減った理由?
そんなこと自分の知ったことではありません。
一時期は「お前みたいなレベルの低い作者が出てきたから云々」という批判もありましたが、ロクに作品完結させたこともねえ作者の存在程度でコミュニティーが揺らぐわけねーだろって思いますね。


・自由度が低い

自分はどちらかと言えば一次創作が好きです。
他人の世界観を借りるのも楽しいとは思いますが、基本はオリジナル主体。
そういう自分にとってはぶっちゃけブーン系向いてないんです。
小説らしい小説(と言っても娯楽小説やラノベ的なやつですが)を書きたい自分からすると、まずAAが邪魔です。

邪魔……というか、それはそれで一つの魅力だとは思うのですが、キャラが固定され過ぎてる感じがします。
ほぼストックキャラクターのようになっている。

名前を変える権利が作者になく、偉大な前例を参考にしなければならない。
キャラを作る権利が作者になく、偉大な前例のイメージを元にキャラを作らなければならない。
読者が気に食わなければ叩かれるのでやる気が失せる。
そういうところが嫌なんです。
自分がマイナーAAをよく使ってたのはそういう理由です。

ただ、別に全面的に否定しているわけではなく、利点や魅力もあると考えていますので、そうすると自分が移動するしかないなという結論に至るわけです。


・ただただ純粋に不愉快

気のせいなのかもしれませんが、同調圧力が非常に強い気がします。
「◯◯は人気があるから良い作品」「××さんが評価しているから良い作品」みたいな、そんなのばっかな感じです。
逆も同じ。
価値観を他人や周囲に借りてる感じ。
作品そのものより、それの共有が大事な感じ。
だから褒めるのも叩くのもどっちでもいいんですよね、仲間意識を共有したいだけだから。

まー、良い作品ってのはありますよ。
少なくとも自分の作品みたいなうだつの上がらないやつは客観的に見ると良い作品ではないでしょうが、良い作品は確かにあります。

ですが、それは「みんなが言っているから」「誰かが言ったから」で決まるものではありません。
作品の人気である程度判別できますが、ただ人気なり知名度なり規模なりで全てを決めるなら世界で最も素晴らしい料理はハンバーガーかカップラーメンあたりです。
自分はどちらも好きですが、それは流石にありえないでしょ?

言い換えると、良い作品より好きな作品を大事にすべきだと思います。
当たり前のことですよね。
お前は作品読むのが好きなのか他人と群れるのが好きなのか、どっちだって話ですから。

何とは言いませんが、なんだか「読んでいて当然」「高評価以外ありえない」的な作品がいくつかあります。
その作品の内容は抜きにして、風潮がそうなんです。
そして自分はその風潮が嫌で仕方ない。
読者としてなら「好きなもの読ませろよ」で、作者としてなら「好きなもの書かせろよ」というわけです。

無論、嫌いな作品や駄目な作品を批判したりする権利はあると思いますが、それにしたって「××さんが言っていたから」「周囲で叩くことが当然だから」みたいな無茶苦茶な根拠で叩かれたらたまったもんじゃない。
だから嫌になったんです。

そもそも、なぜまとめ側の意見が重視されてたのかが分からないです。
実際に書いたことない人間が批判するなって、そこまでは言いませんが、周囲が盲目的に信じてる理由がさっぱり分からない。
何様は言い過ぎにしても、何者なんでしょう?
作者として、あるいは読者としてまとめ側の方々に感謝はしていますが、それはそれだけのことです。

ついでに最後なので言っておきますが、誰とは言いませんが●●ザイさんが嫌いです。
というか自分は自分の認めてない相手に批判されるの大っ嫌いなんです。
「タイトルで使ってる単語の意味間違えてる奴に文章のことどうこう言われたくない」「アンタの処女作だって大概にシナリオ滅茶苦茶な自己投影の自己満足でしょ」「仮に作品がつまらないとしても公然と叩くのは支援してる読者に失礼だろ」「面白い作品があると思ったら原作付き」「毒舌キャラ気取りのくせに大御所には何も言わない」「というかとりあえずこのブログに来るのやめろ」等々……。


まー、いよいよただの負け惜しみになってきたので、この辺りで終えておきます。
断りを入れた通りに大した内容じゃなかったでしょ?

戯れ言なんで真に受けないでください。
つーかさっさと忘れてください。
所詮は負け犬の遠吠えです。




【今後の展開について】

気が向いたら作品の続きを書こうと思っていましたが、なんか色々嫌になってきたので多分無理です。
楽しんでいる方、楽しみにしている方がいらっしゃれば申し訳ありません。

代わりと言ってはなんですが、「これってどういうこと?」というような質問には無制限に答えさせて頂きたいと思います。
久しぶりにネタバレです。
以下、ちょっとしたネタというか書くつもりだったことを明かしておきます。

なんかこういうの、武士沢レシーブっぽくて楽しいですね。




・『コールアウター』について。

最新話の時点では「実はモララーはクールの為にトソンと付き合っていました」みたいな話が出てましたが、まあ、そういう話です。
偽装カップル的なアレです。
ちなみにトソン側もそれを分かっています。
分かっていて、でも付き合ってしまえば好きにさせる自信があったので、付き合っていました。
彼の周りが妙にギスギスしてたのは、その辺りの理由からです。

実際に彼女の思っていた通りになり、モララーは既にトソンのことをマジで好きになっています。
言葉に出したことだけが真実なわけではないし、嘘から始まったことが真実になることだってあるわけです。

その後どうなるかは……ご想像にお任せします。
ただ、この展開を踏まえると『怪異の由々しき問題集』の第五話のトソンの台詞が味わい深いと思います。
良かったら読み直してみてください。



・『怪異の由々しき問題集』

これはまあ、いつ終わっても良いような話として書いていたのですが……。
とりあえず最新話に出てきたミセリの目については「狒々」という妖怪が関係しています。
第八話の冒頭は彼女が狒々の血を飲んでしまった直後の話です。



・『天使と悪魔と人間と、』

何をネタバレすればいいのか迷いますが、折角なのでラスボスの壬生狼真希奈の話を……。

えーっと。
『空想空間』でのトソン=壬生狼真希奈、です。
副委員長ではありません。
ただのミスリードです。

つまり彼は異世界において、自分の部下になりすましていたわけです。
その伏線は色々あったと思うのですが、一番わかり易いものは、トソンはしょっちゅう「マキナ様」がどうとか言っていますが、一人でいる時には一言もマキナ様の話が出てきてません。
そりゃそうですよね、マキナ様=自分なわけですから。
初登場時から通信してるように見せかけてるだけで一人芝居です。

ちなみに、ぃし=副委員長です。
彼女は『空想空間』での姿と同じく顔に傷があるため、それを隠す為に現実世界では化粧が濃い目と描写されています。

彼等の願いについてはトソンが引用している台詞、撃っていいのは云々、想像力が云々といったものの元ネタが分かれば分かると思います。
彼は自分の目的を尊敬するキャラクターの台詞の引用という形でずっと語っているんです。


また余談ですが、第十話などで触れられている「ハルトシュラーの不治の病を持つ友人」=神宮拙下です。
内容はテロメア短縮。
彼が陸上に拘っているのは死ぬ前に何かの記録を残したいからです。




まー、こんな感じでしょうか。
他にも質問あれば受け付けます。

それでは、今までありがとうございました。



スポンサーサイト

コメント

こんな狭い世界でも、面倒くさい人間関係が生まれちゃうものなんだなあ

あんま作者間の諍いに関わりたくなかったからそういうときに擁護はできなかったけど、作品は好きだったよ
今まで楽しませてくれてありがとう

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

※一さん

コメントありがとうございます。
そう言って頂けて嬉しいです。
自分はともかくとして、作品を好きだと言って頂けるのはいつになっても、どんな時でもとても嬉しい。

まあ、あんな狭い世界でも面白い作品は沢山あると思います。
自分の読者の皆様には他の作品を読んで頂くということで……

※二さん

コメントありがとうございます。
仰る通りだと思います。
自分から言えるのは「完結させなくてすみません」とだけです。

償いというわけではないですが質問には答えるつもりなので、またいつでも質問してください。
また、他の読者さんと話す機会があればそうお伝えください。



さて、質問の答えをば。


・『ハルトシュラーの能力について』
端的に答えますと、本当に能力がないという設定でした。
これは彼女の願いが大きく関係しています。

前提として、彼女は現実世界で兄(『コールアウター』のはにゃ先輩)から能力を受け継いでいます。
第八話の過去の回想では「憂いを帯びた深い黒色の瞳が酷くアンバランスで、」との記述があり、元々彼女の瞳の色は黒だったのですが、能力を貰った際に銀色に変わったのです。
(その為に彼女の瞳の色の描写ははにゃ先輩と同じです)

そして、彼女の願いとは『自分を助けてくれた兄の想いを受け継ぎたい』というものでした。
空っぽだった自分に中身をくれたのが兄であり、要するに、「お兄ちゃんみたいになりたい」ということです。

彼女は自分自身を空っぽだと考えていますので、空想空間の彼女(=ハルトシュラーが思う自分)にも能力がありません。
ただし、前述の願いがある為に「兄から受け継いだ能力を持ち込む」という形で能力が発現したわけです。
余談ですが、空想空間では理想の自分になることが多い中、ハルトシュラーが現実と全く同じ姿なのは「兄が今の自分を好きだと言ったから」だったりします。
彼女にとっては、兄が好きだと言ってくれた、兄の想いを受け継いだ自分が理想の自分だったのです。


・『檸檬の能力について』
これはかなり物語の核心を占めている設定ですので、質問してくださってとても嬉しいです。

高天ヶ原檸檬の能力は『空想空間』そのものです。
厳密には、現実世界で彼女が持っていた能力が「何か(例えば超能力)を造り上げる能力」であり、その能力を奪って造られたのが『空想空間』でした。
(彼女から能力を奪った相手が作品自体の黒幕です)
彼女が最初から全然焦った様子がなかったのは、彼女からすると自分の精神世界に入っているだけだからです。
また、『空想空間』が学校を中心に展開しているのは彼女の生活基盤が学校だからです。

主人公の戦う理由が曖昧だ、という意見もあったのですが、実は彼女は物語開始前に自分の能力を奪われているわけなので、それを取り返す目的もあったわけです。
願いが消えた場合には参加者も消えますが、ああいう風に参加者が減るごとに現実の彼女は能力を取り戻しています。

他にも「生徒会長だから」以外に明確に戦う目的があったのですが……それはまあ、余談ですね。








コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kijinnourei.blog88.fc2.com/tb.php/325-3d072568

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール。

名無し

Author:名無し

最新記事。

最新コメント。

カテゴリ

未分類 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。